« ◆老人ホームのお昼ごはん 第5回 大分県清流苑の中庭でランチ | トップページ | ◆人気記事ランキングに変化あり! 「 多職種協同のためには、機構改革とスタッフルームの改善がポイント」がランクイン。 »

2012年5月21日

◆毎週月曜掲載 介護の知識50 その29 『呼吸苦を感じた時の安楽な体位』

Cimg4438

お花見ドライブ!!

の予定でしたが、気まぐれな今年の天候により『おいしいアイスを食べようドライブ』に変更。

みんなで一緒に「花よりアイス」・・・道の駅「ひがしかわ」にて。






介護の知識50 その29『呼吸苦を感じた時の安楽な体位』

今回は、肺炎やぜんそくなどの呼吸器疾患や心臓疾患を持つ方が、呼吸苦になった時の、呼吸を楽にする方法を紹介します。

1)半座位(はんざい)

Photo

Cimg4476   

Cimg4482

ファーラー位ともいいます。

上半身が45度くらいの傾斜にした姿勢です。

横隔膜が下がり、肺への圧迫が減少することで呼吸を楽にします。

体がずれやすい人は、膝を少し上げたり、30度くらいの角度に調整しましょう。




2)起座位(きざい)

Photo_2

・長座位の場合

  Cimg4490

・椅子での座位の場合

  Cimg4474

背中を90度にし、オーバーテーブルや机などの上に枕やクッションを置き、それらを抱え、うつぶせにする体位です。

座位は、臥床位よりも呼吸が楽になります。

座位をとることにより、腹部の臓器が重力で下がり、横隔膜の圧迫が減少するため、肺が広がりやすくなり呼吸が楽になるのです。(下図参照)

   51

また、肺炎を起こしている高齢者の場合、炎症を起こしている肺は十分に機能せず、もう片方の肺で呼吸することがあります。
そのような場合は、半座位をとったうえで、肺炎を起こしていないほうの肺を上側にして側臥位をとり、症状の改善をはかりましょう。(褥瘡リスクのある方は注意をしてください)

Cimg4488

部屋の湿度や温度の管理も大切です。

夏であれば、扇風機などを間接的に回し空気の流れを作りましょう。


※参考文献 『エビデンスに基づく高齢者の看護ケア』 中央法規



介護の知識50 その41より


(鷹栖さつき苑  尾上)

※関連記事

◆2014年の全国高齢者ケア研究会は9月6日(土)〜7(日)、鳥取県米子駅前「米子(よなご)コンベンションセンター」で開かれます。

« ◆老人ホームのお昼ごはん 第5回 大分県清流苑の中庭でランチ | トップページ | ◆人気記事ランキングに変化あり! 「 多職種協同のためには、機構改革とスタッフルームの改善がポイント」がランクイン。 »

06介護の知識50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560033/54733877

この記事へのトラックバック一覧です: ◆毎週月曜掲載 介護の知識50 その29 『呼吸苦を感じた時の安楽な体位』:

« ◆老人ホームのお昼ごはん 第5回 大分県清流苑の中庭でランチ | トップページ | ◆人気記事ランキングに変化あり! 「 多職種協同のためには、機構改革とスタッフルームの改善がポイント」がランクイン。 »

重度化に対応した新アセスメントシート「トータルケア・アセスメントシート」完成版V2

無料ブログはココログ

おすすめの記事 2

最近の記事

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

amazon 世界最大の本の通販サイト

  • ウィジェット

EM菌の消臭剤